*******

「もともと日記などというものを書いても3日ももたないので気が向いた時に書いてゆきます。」
なるべくマメに更新できるように60%くらいの力で書きます。
ひねくれています。誤読の天才。
* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    Share |
    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    * バンコクおぼえがき

    JUGEMテーマ:旅行

     

     バンコク3泊5日の記録。時期は9月半ば、お彼岸の少し前。思っていたよりも全然蒸し暑くなくて過ごしやすい気温でした。

     楽しみ方いろいろで楽しい街。ひとりでふらふら再訪もいいな、という気持ちです。

     


     

     

    ・雨季に入っているということで、日中にスコール。2時間ほどで止みました。ちょうど屋根のあるところで移動中だったり、雨宿りに食事をしたりしていたタイミングで一度も傘を使わなかった。幸運。

    ・バンコクは日本からの旅行者がとても多かった。女子旅、親子旅もよく見かけた。
    ・なぜ女子旅2人組はタイパンツ+Tシャツの双子コーデをするのか。

    ・バンコクは調子よかった頃の日本の残滓があるような街だった。日系の店がいっぱい。

     

    ・日本の書籍は国内価格の2割増しが相場。が、紀伊国屋にはその分を割引いて国内とほぼ同額で売ってるものも。駐在の多い街だからか、ちょっとした国内の書店より品揃えよい。

     


     


    ・日用品も日本製品や日系企業のものがたくさん。生理用品なんかはほぼ日系企業のもの。

     


     

     

    ・車は日本車が圧倒的。トヨタの他は三菱が目立った。ホンダもそこそこ。ベンツ、BMWもわりとみた。そういうことだ。

    ・思ってたよりずっと現金社会。ショッピングモール内の店でもカード不可のところがあった。


    ・タイの人は粉ものが好きらしい。と、言っても食べ物ではなく化粧品。ファンデーションもパウダーが主流で、ボディケアはシッカロール天国。
    ・コスメもアパレルもドメブラがわりと元気。もっと探索したい。
    ・色物コスメはシックな色味のものが多い。韓国コスメのようなギラギラしたラメはほとんどなくて、控えめなパールのものが主流のよう。

    ・アパレルは色も素材も派手だった。原色のプリントものとか、総レースとかビジュー付きとか。日本だとちょっとしたパーティー服レベル。


    ・タイ文字が読めるようになりたいなー。子音と母音+5種類の声調記号の組み合わせでできてるらしい。

    ・バンコク市内の交通渋滞はえぐい。

    ・交通カードで乗れるのはBTSだけ。買い物機能はあり、マクドやスタバでは使える模様。水上交通は現金払い。だが、外国人利用者も多く乗りやすい。商業施設行きのものは無料の路線もあり。バスは現金払いだとか。難易度高いなー。
    ・ETC的なものはないのか、タクシードライバーも高速料は現金払い

    ・料理店で箸があんまり出てこない。もっと箸食文化だと思ってた。

    ・マグナムはうまい。

     


     

     

    ・王様が変わってお札のデザインが変わりました。街中のいろんなところに国王夫婦の肖像画。モスクにも掲げられていた。

    ・エンタメの流行りは韓国にだいぶ引っ張られている感じ。ドラマでの女優さんの芝居とか。アイドル音楽のテイストとか。
    金持ちのお嬢さんが高級車に乗ってヒステリー起こす芝居なんて、韓国ドラマあるあるかと思うくらい。
    ・ダイアナエクストラガバンザとかそっち系のビジュアルの人気タレントがいるっぽい。MCやってる番組もあったし、出演イベントのCMもやってた。

    ・タイ出身のKドルはやっぱり大人気。よきかなよきかな。

     




    ・ドコモの電波はTrueを拾っていた。
    ・タイ国内では使えないとされているSIM2flyですが、アプリで国内プランを買ったら普通に使えました。速度快適。
    ・コーラはペプシが主流みたい。

     


     

     

     

    0

      Share |
      | 705 | あっちへこっちへ行ってきた | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
      * Kuala Lumpur おぼえがき

      JUGEMテーマ:旅行

       

      成田から直行便でおよそ7時間、クアラルンプールに行ってきました。3泊5日。都会で安全でいろんなバックグラウンドを持った人がいてちょっとガチャガチャした部分もあって、思っていたより楽しい街でした。


       


      ●イスラム教の国なので朝はお祈りの時間を知らせる音楽で始まる。5時半ちょっと前くらいだった。街の雑踏で聞こえないけど昼間も流れているのだろう。夕方のモールでは聞こえてきた。

      ●ヒジャブ姿のイスラムの女の子がショップスタッフなどにもたくさん
      ●長袖必須の暑い国でユニクロ(というか、エアリズム)人気の理由わかるな。
      ●ドバイでも思ったけど、イスラム教国はかわいいフラットシューズ多いね。よい。
      ●イスラム教徒の多い国だが、クアラルンプールは中華系、インド系の人口も多く、酒も売ってるし豚も食べられる。


      ●食べ物が何でもおいしい。最高。肉骨茶は史上最高の美味しさだった。ドライタイプは初めて食べたなあ。また食べたいなあ。




      ●おいしい汁なし麺はみな茶色っぽいので映えない。でもおいしい。最高おいしい。



       

       

      ●スーパーで買ってきた肉骨茶の素が、おうちごはんにはできすぎな美味しさ。
      ●酒税が高いそうで、酒は割高。外でビール飲むとライブハウスくらいの価格。

       

      ●アジアのひとたちはインスタントラーメン好きですね。たくさん売ってました。マレーシア産のものだけでなく、香港、韓国のものも多数。日本のものは逆に現地向け製品が多く直輸入品は少なかった。
      ●海外の有名なラーメンブログが世界一に認定した袋麺。市内のスーパー、コンビニでは入手できず(商品タグは棚についていたので売り切れか)。KLIA2のスーパーで発見しました。


       


      ●クアラルンプール空港でおみやげを買うならターミナル2のほうが一般エリアに多くのショップあり。ターミナル間の距離は無料のシャトルバスで10分くらい。アジア各国の有名チェーン店がそろっててなかなか楽しいぞ。

       

      from 台湾

       


       

      from 韓国
       


      ●空港の手荷物預けカウンターは、スーツケースひとつ24時間で38RM. 預ける前にセキュリティーチェックあり。カウンターは24時間オープン。1タミ、2タミ両方にあります。

      ●クアラルンプール空港の地味なフードコートがレベル高くてびっくり。


       


      ●国際都市だけにトイレがどこも整っている。ウォシュレットはほとんどないが、ビデ(小型シャワー)はよくある。十分です。

      ●旅行シーズンではないのに日本人もちらほら。観光客もいるし、駐在も、リアイア組も現地採用の人も。
      ●現地採用女子は駐在と“お食事会”して結婚するのが上がりらしい。
      ●リアイアメントビザは20万円(くらい。たしか)の定期収入と少なくない金額の預金が必要らしく、ロスジェネの庶民にはだいぶ厳しい条件であった。
      ●プール、ジム付き、目測50平米弱のコンドミニアムが家賃およそ7万円だって。
      ●日系の店の流言を流したり、ちょっとしたルール違反をたれ込むのは日系の店。どこも同じだなあ。

      ●日本食品も特に駐在が多いエリアのスーパーでは豊富。値段は日本の倍くらい。果物はそれどころじゃない値段だった。

      ●タクシーアプリのgrabがすこぶる便利。アプリで簡単に配車できるし、支払いは現金でもクレジットカードでもPayPalでも可。アプリの登録は日本からもできるけど支払い方法の登録はサービス地域に入ってからでないとできない。
      ●ドライバーはマレー系の他に中華系の人も遭遇。(ナビが中国語だった)みな最低限の英語は大丈夫。
      ●基本的には配車すると即指定ポイントに来てくれる。行き先もアプリで指定するので車を確認して乗るだけ。簡単。荷物の積み込みも手伝ってくれるし、ホスピタリティは高い。

      ●時々、ハズレのドライバーもいる。配車完了したのに、指定ポイントからどんどん離れて行ったりこちらのコンタクトを既読スルーしたり。諦めてキャンセル。配車完了から一定時間(10分くらいとのうわさ)経過後のキャンセルは違約金なしの模様。
      ●タクシードライバーはおしゃべり好きという偏見を持っているのだが、grabのドライバーは無口の人が多かった。おしゃべりした人はかつて日系企業で働いていて上司はヒロセさんだって。日本人が乗ったら毎回している話なのだろう。チャーミング。
      ●車は日本車がわりと多かった。コンパクトカー多し。他の地域でみたことない車種はどこの何だったんだろうなあ。ロゴとかメモしてくればよかった。

      ●ほぼどこでもクレジットカードで支払い可能。コンビニは不可の模様。行かなかったからわからんけど、屋台もダメなところあるんじゃないかな。というわけで、リンギットをまあまあ余らせる。また行かなければ。
      ●スコール? 通り雨? ゲリラ豪雨? 的な雨がよく降るので傘は必須です。
      ●ストリートミュージシャンやバスキングをわりと見かけた。みんな上手。マレーシア独特の歌謡曲感がある気がする。好きです。

       

      ●ショッピングモールがそれぞれ個性があり、モールホッピングもまた楽し。

      ●日韓の店もいくつもあった。が、サンリオは見かけなかった。
      ●世界生理用品調査。日本製品も比較的多く売られていた。おむつ型もひとつ発見。

       



      ●世界ポケットティッシュ調査。ヨーロッパタイプの厚めティッシュが主流。韓国タイプの大きめパック(箱ティッシュの半分サイズがビニール入りになってるやつ)も合わせて販売されていた。日本・台湾タイプも一部あり。バリエーション豊富。

       

      ●エリップスのヘアオイルがおみやげによいと聞き、早速買って使う。髪の毛つやっとします。日本の通販で買うよりだいぶ安い。


       


      ●マレー語の挨拶と「おいしい」は覚えて使おうと調べてみたものの、挨拶は時間帯によって表現が違うらしくバリエーション多過ぎて断念。次はがんばりたい。
      ●Terima kasih (トゥリマ カシ)= 謝謝 = Thank you
      ●今回、通信はいつものsim2fly。マレーシア最大手のキャリアMAXISにつながりました。時々、もったり。しかしこれはハードの古さのせいかもしれない。

       

      ●観光地となっているモスクなども行ったんですよ。ブルーモスクがすばらしくよかった。ガイドのおばさんが「日本からきたならこの歌知ってる?」とスマホで聞かせてくれたのはすべてキロロでした。流行っているらしい。

       


       

       

      居心地のよい街だったので近いうちに再訪したいと思います。好きな街がまたひとつ増えたなあ。

       

      0

        Share |
        | 705 | あっちへこっちへ行ってきた | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
        * 自分占い2019

         

         決算で自らの現状を見つめ直すことになるせいかどうも年明け〜春は気持ちが不安定なりがちなので、自分を励ますために今年もざっくりいいことだけ年運を観てみることにしました。

         例年同様、太陽回帰図をラフに観る方法を採用しています。最近、年に1度の自分占いくらいしかやらないので精度も不安……といいつつ去年も遠からぬ結果になったので言霊怖い。

         

         さて、2019年の見立ては……

         

        ★コミュニケーションの年。とりわけ比較的近しい人間関係が濃い。
        ★忍耐強く、慈愛を持って、人と関係していく。情が深い。
        ★仕事よりもプライベートに目が向く。
        ★仕事はやる気はあるんだけど、思ったより結果につながらなかったり、予想外のことになったりするかも。
        ★娯楽やお金はあんまり弾けない予感。継続。

        ★他者から受け継いだ何かについて意識する年になるかもしれない。

         

         これまで観た数年は(そして出生図も)わりと気楽というか楽天的というか「なんとかなるなる」みたいなムードがあったのに対し、今年はなんか真面目なムードがあるし、他者との関わりを強く考えることになりそう。どうしようめんどくさいな。

         また、どうやら恋愛方面も気になる見立てがあるので、何かあるかもしれない。めんどうくさいからもういいよと現時点では思っているのに、仕事方面に比べると何かが起こりそうな予感が強く出ていてどうしたものか。

         

         ということで、結局、リーディングしても不安はとくに解消されなかったわけですが。いまひとつ思い通りにならない年かもしれないな〜と思いながらボチボチやっていこうと思います。

         

         

         

         

         

        0

          Share |
          | 705 | スピリチュアル放浪 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
          * 蘭独ふらふら 食べたもの

           

          @HaesjeClaes #ハーシェスクラース #アムステルダム




           

          日本のガイドブックにはほぼ100%掲載されている、オランダ料理の店。

          上から、ハーリングharingというニシンの酢締め、エルテンスープ、スタンポット。

          適当にオーダーしたわりにはガイドブックそのままのベタなセレクション。

           


          @GrandCafe1e Klas #ファーストクラス #アムステルダム


           

          アムステルダム中央駅2番ホームにあるグランカフェでダッチパンケーキ。

          アップルとベーコンと選べます。写真はベーコン。

          シロップと粉糖が一緒に出てくるので途中で味変しつつ完食。

          友人は「これはチヂミだな」と言っていた。

          元は一等席用の待合室だった場所とかで、内装や雰囲気もとてもよいです。



          @Picasso #デュッセルドルフ


           

          デュッセルドルフの旧市街にあるスペイン料理。

          駐在の方も来るような店らしい。

           


          @고기마차 #gogimatcha #デュッセルドルフ

           

          お手頃価格の韓国料理店。テンジャンチゲは8.5ユーロ。

          しいたけではなくマッシュルームを使ったり、現地で手に入りやすい食材で値段を抑えているのであろう。

          ビールはドイツのもの。

          店員さんと我々との会話が日韓独英ごちゃごちゃ。

           

           

          @Brauerei Schumacher Stammhaus #デュッセルドルフ

           

          おお、これぞドイツ! という感じのビアホール。

          グラスが開くとすかさず「もう一杯か?」と聞いてくれる親切設計。

          ベタなドイツ感を求めて、目玉焼き乗せポテトとソーセージ盛り。芋うまいなあ。

          サラダはサービスだったのではないか。ドレッシングがおいしかった。

           


          @Fusto D'oro Pizzeria #ユトレヒト



           

          写真が暗いのは店が暗いからだ・笑。

          運河沿いにあるイタリアン。当初目指していた店が満席で、急遽見つけて入った。

          が、全部が気取りのない美味しさで満足。

          Sea_soleってなんだろうと思ったら、ウシノシタ(舌平目)のことだった。※Googleで画像検索した。

          オーダーはワインソテー。ほどよい酸味が美味。

          ハウスワインもおいしかった。


          @Kimmade #ユトレヒト

           

          街の中心部にあったベトナム軽食とバブルティーの店。

          小さい店ながら人気店のようで、ひっきりなしに来店者がきていた。

          ビーフのフォー。おいしい。

           


          @Restaurant Mej. Janssen #ユトレヒト


           

          運河沿いのエリアが気に入ったので、この日はカジュアルフレンチ。

          メニュー自体が、前菜(スープ、サラダ)、メイン、デザートの3カテゴリだけのシンプルな構成。

          一人で食事をしている紳士もいたし、家族連れも、カップルもいた。気楽でいい店。

          シグニチャーメニューの牛ステーキはきのこのクリームソース。

          わたしがオーダーした手前のは、あひる胸肉のポルトソース。

           

          ごちそうさまでした。

           

          0

            Share |
            | 705 | あっちへこっちへ行ってきた | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
            * 蘭独ふらふら おぼえがき

            JUGEMテーマ:旅行

             


             

            欧州に初上陸。アムステルダム→デュッセルドルフ→ユトレヒト、それぞれ2泊の思い出備忘録です。
            怠惰なわたしと自称やる気のない友人の旅なので、おどろくほどがんばっていない。これでいいのか。

             

            #気候
            ・冬のヨーロッパは暗い。
            ・朝は8時を過ぎてようやく明るくなってくる感じ。正午過ぎると日差しが夕方。

             

            朝7時すぎのユトレヒト。真っ暗。

            ・街灯の光量も少なく、夜の暗さにぎょっとする。店が閉まるのも早く、20時過ぎると雰囲気が深夜。
            ・その分、朝が早い。小売店など8時くらいからやっている。
            ・土日はさらに閉店が早く、ユトレヒトは18時にはほぼ全ての店が閉まる。日曜日は大きなモールでも12時開店。のんびりしている。

            ・もっと寒いと思っていたら、寒さはそこまでではなかったです。ソウルのほうがよっぽど寒い。
            ・やはり乾燥がひどいようで爪がぼろぼろになりました。

             

            #交通

            ・電車もトラムもチケットは非接触型カード式。中長距離電車はQRコード。モバイルでも改札は通れたが、ICEの中では検札があり、印刷した紙にチェックをされた。プリントしていなかったらどうなったのかはわからん。
            ・電車の車体の汚さよ。天候のせいなのか、洗車頻度の違いか。
            ・中長距離列車には食堂車があります。次は乗りたいな〜。
            ・一般車両でもファーストクラスは座席にメニューがあり、パーサーさんがオーダーをとってくれる。居酒屋ICE。

             

            #生活
            ・現地の伝統食は熱い食べ物がない。辛い食べ物もない。熱いものを欲すると結果、アジア料理屋となる。

            ・パンが何でも旨い。パンや酒といった加工食品はやはり文化の産物だなあ。チョコレートも最高。

            ・世界ポケットティッシュ調査に続き、世界カップスープ調査が近時のミッション。オランダ、ドイツでは日本(と韓国)では大きく幅をきかせているコーンスープがほとんどない。トマト系、クリーム系(きのこ、チーズ)、チキン出汁系がメイン。味は日本のものと大差ない。

            ・また、世界生理用品調査も実施中。日本よりタンポンの取り扱いが多い感じ。スクーンカップは街のドラッグストアにはなかった。雑貨店にはデザインが効いたパッケージの紙ナプキンが安価で売られている。大きなスーパーにはおむつ型も複数種あり。


             

            ・下の事情でいうと、トイレに洗浄機やビデがないせいなのか、尻拭き用水ティッシュがどの日用品店にも置かれていた。みんな尻洗いたいのね。

            ・WiFi環境は充実。中長距離列車はもちろん、スーパーにもレストランにも飛んでいる。メニューにPINコードが書いてあることも多い。

            ・Kpop、JAPANカルチャーは、ある種のサブカルとして愛好家人口がそれなりにいる様子。ユトレヒトのレストランでは家族で食事に来ていた男の子がグーグル翻訳を使って「こんにちは、わたしはジャンです」とぶつぶつ。友人もわたしもあまり日本人に見られない風貌なので(中韓どっちかにみられることが多い)聞こえて来る日本語の響きで気づいたのではないか。と考えると、普段から日本語に接しているんだろうなあ。

            ・書店はいくつかみかけたものの、CDどこにも売ってなかったなあ。


            #アムステルダム_オランダ
            ・日が暮れるとそこここにハッパのにおい……空気の乾燥も相まって喉がしんどい。

            ・100年以上の歴史がある古い建物をリノベーションした施設が多数。外観は残したまま、内装、設備は21世紀仕様に整えられている。
            ・アムステルダムの街は建物のパースがおかしい。垂直平行とれてない。あるいているとくらくらしてくる。


             

            ・アムステルダムの自転車は車だと思え。専用道もあってビュンビュン走っているし、路地でも我が物顔で走っている。
            ・「信号青だよ」とか「通るぜ、危ないぜ」とか、おそらくそんなことを気軽に話しかけてはくれるが、ノー笑顔で、目を合わせるでもなく、通りすがりにフラットなトーンでいきない言われるので驚く。

            ・オランダ(ドイツも)はどうも買い物欲をそそられず、服も化粧品も本もほぼ買わず。とはいえ、帰国日が暑いという予報をみてエスプリ(懐かしい!)で薄手の服は買った。
            ・しかしHEMAは最高。ほぼ日参する。

            ・オランダは現金もクレジットカードも使えないところ(現地の電子マネーのみ対応)が多いとの情報がありどきどきしていたものの、だいたいの店はカード対応。
            ・雑貨屋や駅の売店には、紙幣の真贋判定機があり、偽札チェックをしているところも。高額紙幣はだいたい使用不可の様子。

            ・犬が多い。飲食店や公共交通の中にもいる。みんなおりこうさん。
             

             

            #ユトレヒト_オランダ
            ・ユトレヒトはだいぶ落ち着いた雰囲気。駅前モールの未来的な感じと市街の伝統的な街並みのギャップが激しい。アムステルダムより小規模な街だからってのもあるけど。たぶん。
            ・運河の水面高にある貨物積み下ろし用テラスと地下通路をリノベした飲食店がすてき。海抜0メートルではないユトレヒトならではの光景らしい。
            ・日本なら傘をさしたくなるレベルの雨でも、傘を持たずに涼しい顔して歩いていてすごい。
            ・ミッフィーミュージアムは地元の子どもが遊ぶ児童館のような施設。展示品でみるべきものは特にない。
            ・一方、市立美術館Expo9のブルーナルームはオタク心をくすぐられる展示でたいへん素晴らしい。原画展示はほぼないけど。
            ・ミュージアムに目新しいミッフィーグッズはありません。ユトレヒトならテオブロムの向かいのお店が豊富。

            ・しかし、グッズだけならスキポール空港やアムステルダム市内でもほぼほぼ同じものが手に入るのでは。むしろミッフィーグッズのバリエーションが最も豊富なのは日本ではなかろうか。

             

            FCユトレヒトのグッズもあります。

            ものすごく人がよくて、陽気で、ラッピングが下手なおじさんがいるいい店。

            ・ホテルのフロントスタッフに「君たちのところではちょうど新年だろ? ハッピーニューイヤー」と声をかけられる。向こうの人にとっては東アジアはひとまとめということなのであろう。

             

            #デュッセルドルフ_ドイツ
            ・ドイツのひとは16時くらいからは家族の時間=プライベートで、23時くらいには寝てしまうとか。
            ・その分、早朝に働くそうで、日本と標準的労働時間は大差ないことになってるそうだ。

            ・日本のコンビニにあたるような店舗はkiosk。駅のなかではなく街の中にある。24時間営業ではない。

            ・ヨーロッパ最大級の日本人居住街とのことで、日本語書籍の専門店も。大きくはない規模の店舗に、各種雑誌、マンガ、書籍、文庫、アダルト、児童書などひととおり揃っていて、さらに文房具があり学用品があり、一昔前の懐かしい近所の本屋さんのようだった。
            ・同ジャンルの耽美、BLラノベが妙に手厚いコーナーが。日焼け具合からみて古書のようだったので、現地で買取もしているのかも。誰かが大量に売ったと推測…。

            ・ジャパンパワーの衰退を感じる。ホテルのテレビはSamsungだし、自動車もKIAやHyundaiが食い込んでいた。
            ・日本食スーパーより、ハナロマートfrom Korea のほうがずっとでかいし繁盛していた。
            ・ザジャパニーズ駐妻! な感じの奥様やっぱりいたな。
            ・友人が現地在住者へのおみやげとしてヨーグレットを大量に持って行ったら予想を超える大感謝をされたので何事かと思いきや、現地でヨーグレットは4ユーロ。日本の4倍。
            ・アジア料理店は日中韓台。どこもちゃんとおいしそうだった。
            ・テンジャンチゲは8.5ユーロ。しいたけの代わりにマッシュルームだったり、ホバクの代わりにズッキーニだったり、手に入りやすい食材でうまく作っていた。
            ・だがしかし、この街の料理はどこも塩味が強かった気がする。
            ・バラエティーや通販をやってたチャンネルをつけっぱなしにして食事に出かけて戻ったら、ポルノプログラムが始まってて激しく驚く。CMまで全てポルノ。朝になったらまた通販に戻っててまた驚く。なんだったのだあれは。

             

             

            ***

            訪れた街はどこも人種も宗教もいろんな人が当たり前のように生活していて、土日や夜はプライベートの時間として大事にしていて、基本的に出会った人はみなほがらかで、楽しい旅でした。
             

            0

              Share |
              | 705 | あっちへこっちへ行ってきた | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
              * 「クレイジー・リッチ!」といろんな”狭間”のこと

               

               オールアジア系キャストで撮影されてアメリカで大ヒットしたことで話題のラブコメ映画です。公式HP→

               

               

               いろんなことを日々忘れていく自分のための備忘録として書いたり書かなかったりしているFlimarksにはこんな感想を書いたわけですが。

               

              ・シンガポール華僑すげえな。大陸二千年の伝統と世界を動かす富の合わせ技で、スケールでかすぎる渡鬼だった。
              ・大金持ちの大騒ぎコメディかと思いきや、文化や世代や貧富の狭間にいる女たちの哀しみと生存競争が描かれていてなかなかの見応え。
              ・大陸的な血縁のコミュニティーは北米圏では異世界の不思議に見えたりするのだろうか。クレイジーなのは富ではなくて、家族のあり方だと見ているのかもしれない(あくまでも欧米的価値観との比較として、だけど)
              ・不思議の国アジアの血縁の強固さをリアルに見せるためにオールアジアキャストという仕掛けが必要だったのか。(追記:オールアジアキャストは原作者の希望だったそうだ。ハリウッドのホワイトウォッシュに対するカウンターもあった模様。文化の剽窃を気にしていたのであれば、海外で議論になったようにオールキャスト中華系でない点はちょっと気になるよね。まぁ、アジア的家族観のある国にルーツを持つ人々という縛りだったのだろうが)
              美術やエンドロールのグラフィックがモダンアジアンを意識してる感じだったのもそのへんの狙いなのかなあ。それともシンガポールってあんな感じなの?
              ・指輪の使い方とかベタだけどうまいよね、説明なしで状況わからせる装置として。
              ・人間ドラマによせてもっとしっとりしたタイトル(と宣伝)を打ち出すこともできただろうに、そこを軽やかにしてるのも痛快。
              ・金持ち華僑の享楽的な宴の中にチェシウォンがいてもおかしくない気がして、なるほど彼は中華圏で人気になるわけだ。
              ・わたしもマリーナベイサンズのパーティーにもぐりこみたい。←野次馬として。

               

               西洋社会で育って情熱を追ってキャリアを重ねるレイチェル、家族を何より大切にするアジア社会の伝統の中で育ち実際に家庭のためにキャリアを断っている義母のエレノア、そして、移民一世(と思われる)で母語である中国語しか話さないゴッドマザーの祖母。この3人にフォーカスして観ても、育った背景、文化や価値観のギャップの中で「そうするしかなかった」選択をした世代と「こうしたい」選択をできる世代。いろんな”狭間”に置かれた女の人たちの生き方の物語が興味深く描かれていています。ギャップの中に生きているという現実とかある種の悲哀とか、そこをブレイクスルーする勇敢さとか、大変現代的なテーマがきらびやかなストーリーに折り込まれていて大変よい映画だと思ったわけですが。

               

               口コミを巡回すると多くが「普通の女の子と富豪男子のラブコメ! 素敵!」ってムードなんですよねえ。思うに。邪推ですけど。アジア的家族観が当たり前にすり込まれていたり、自分の周囲にあるギャップに目をつぶってしまっていると、この映画の特徴的な設定って「スーパー大金持ち」というポイントに尽きてしまうのではないか、と。そうなると「リッチでゴージャスで素敵なラブコメ」という感想になりますわな。まあ、そんな感じでも楽しく観られるということはいい映画なんだと思いますが。

               

               レイチェルとエレノアが麻雀をするシーンの役に物語のカギがあるという口コミをみてググってみたところ、このレビューを見つけました。→『クレイジー・リッチ!』麻雀シーンの意味 - 辰巳JUNKエリア http://outception.hateblo.jp/entry/movie03

               麻雀こともわからないなりになるほどと思うと同時に、そうそうこういうことよ、この映画! と作品全体の見方としてもようやく膝を打つレビューを読めたのでした。ということで口コミ巡回は終了。すっきり。

               

               蛇足ですが「クレイジー・リッチ!」に出ていそうなビジュアルのチェ・シウォン氏の最新PV貼っておきますね。好みの押しつけです。(シウォンもイケメンだがリョウク……!)

               

               

               

              0

                Share |
                | 705 | 読んだり聴いたり見てきたり | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << October 2019 >>
                + 応援中!
                ソウルフラワー震災基金 2011

                桃梨・被災地支援Tシャツプロジェクト
                + NEW ENTRIES
                + follow Me
                Twitter / naoco_705


                + for MOBILE
                qrcode
                + RECENT COMMENTS
                + RECENT TRACKBACK
                + CATEGORIES
                + ARCHIVES
                + 買ってくれ!
                + 買ってくれ!
                + 買ってくれ!
                + 買ってくれ!
                + 買ってくれ!
                + LINKS
                + PROFILE